東京から日帰り☆秩父ポピーまつり&ハナビシソウ園へ!でっかいかき氷と秩父の郷土料理も食べてきたよ

※2015年5月の記事に加筆修正しております。

東京から日帰りで、秩父観光

秩父は東京から日帰りができて、気軽に自然と親しめるエリアですが、一度に何もかもというわけにはいきません。

この日は友人である花屋の娘と一緒に、ポピーとハナビシソウとそばの花をみる!というテーマで行ってきました。

秩父皆野のポピーまつりへ行ってきました

ポピー畑は皆野駅からシャトルバスで20分ほどなのですが、お昼に近づくにつれてとーーーっても混むので、朝イチ(できるだけ早く!)行くのがオススメです。

そんなわけで私たちは朝9時頃に着くように家を出たので、眠かったー…w

とくにポピーが満開の時期は、混雑状況にご注意。

5月って、たまに夏日になったりするじゃないですか?

その「たまに」の夏日に当たってしまったわけです。

暑くて暑くて溶けそうになるかと思いましたが、絶好の撮影日和!日焼けもなんのそのです。

DPP_20150826a000022

しかしながら、満開っていうか…ちょっともう見ごろを過ぎてます。

遠目からだとわかりづらいですが、接写するとポピーらしからぬ姿なのです。

お山をバックに撮るのも奥行き感が出て好き。

露店がでてまして、お団子とかおやきとかきゅうりとか、地場産野菜とかいろいろ売ってました。

でも食事をするようなテントや椅子もないので、車で来た人用なのかしらー?と思いつつ、なぜか私は炎天下のもとおこわを食べました。

甘くない糖分を摂取したかったらしい。

もちろん、おいしかった!!

長瀞のハナビシソウ園へ!

そして後半戦は長瀞へGO。

長瀞といえば、ライン下りとか宝登山神社の印象が強いと思うんですけど、ハナビシソウというかわいらしいお花のお庭があるのです。

ソウ、ですがお花なのですよ。

きいろくてカワイイアイツなのです。

DPP_20150826a000085

しかしこのハナビシソウ園、なぜか地元人でも知らなかったりするという…。

そんなわけで、シークレットガーデン感があっていい感じ。

こんなに晴れた土曜日なのに人がいないのは、まだ「咲きはじめ」だったからだろうか?

それとも本当にみんな知らないのかなぁ?

見ごろは、5月下旬~6月中旬と言われております。

DPP_20150826a000091

園内でお会いしたのは、お花が好きそうな年配のご夫婦が多かったなぁ。

場所は、長瀞駅から徒歩5分くらいのところです。

駅から真正面の宝登神社への道を進んで、国指定重文の「旧新井家住宅」の案内のある左手へ曲がればすぐです。

ひとしきりお花観賞したあとは…暑かったので近くにあった茶屋で一休みしました。

(ハナビシソウ園と通りを挟んで向かい側)

友人がオーダーしたかき氷のサイズがハンパなかったw

フォトジェニック!!

DPP_20150826a000122

ハナビシソウ | 長瀞町観光協会公式サイト

武州中川で昼食!「民宿すぎの子」で郷土料理

皆野でポピー→長瀞でハナビシソウを堪能したあとは武州中川へ移動。

友人が探してくれたお店「民宿すぎの子」で昼食をとりました。

各メディアで紹介される、人気のお店のようです。要予約です!

IMG_4118

かやぶき屋根の古民家で、ゆったり昼食。幸せ…。

おさかなはヤマメ、まるごと食べられます。

山菜は教えてもらったのですが、全部覚えられませんでした。

イワタケ、タラノメ、セリ、あとなんだっけ…ってテキトーすぎですけど、とにかく秩父でとれたんだなぁ~と感じ入りながら食べました☆

写真のお料理にくわえて、おそばもいただきました。

満腹になったあとは、本日のしめくくりにそばの花を観賞。

そばまつりも開催されていました。

そばの花はなかなか見る機会がないですよね。

こんなかわいらしいお花だったんですねぇ。

IMG_4289

帰路につく

帰りですが、電車の本数が少なくて待ち時間が長くなってしまうので、隣の浦山口駅まで歩くことにしました。

登山口のある駅のようで、山帰りのひとたちがたくさんいました。

このあと、お花畑駅で西武線に乗り換えて、特急券買って~と考えていたのですけれど、な、なんと!到着したのが池袋行の急行だったんです!!

まさかの直通。タイミング良すぎ。

爆睡しながら、ゆったり帰路につきましたよ。







シェアする

フォローする