長瀞、秩父で遊ぶなら「おとくなきっぷ」を駆使しよう!

※2015年6月の記事に加筆修正しております。

秩父へは埼玉在住時から何度か訪れておりますが、おとくなきっぷを使ったことはあんまりなかったんですね。まず、おとくなきっぷが存在することすら知らなかったし、調べることすらしませんでした。最近になって何度か足をはこび、ブログも書き始めたので検索で来てくれた人のためになる情報があったほうが良いかなーということで、そういうものに敏感になってゆきました。

秩父のおとくなきっぷ

西武線の終点 西武秩父駅から、アーケードを抜けて5分ほど。案内板に従って歩くと秩父鉄道の御花畑(おはなばたけ)駅へ着きます。御花畑駅で購入できるお得なきっぷが2種類あります。ひとつは「ながとろ満喫きっぷ」大人890円。もうひとつは「秩父路遊々フリーきっぷ」大人1,440円。なにが違うかというと、有効期間とフリーエリアです。まずは「ながとろ満喫きっぷ」から。

2日間有効!「ながとろ満喫きっぷ」

長瀞あたりで遊ぶには、「ながとろ満喫きっぷ」がオススメです。フリーエリアは、上長瀞ー長瀞ー野上ー樋口。御花畑ー上長瀞は往復1回だけできる仕様です。長瀞までは片道470円(往復940円)なので、単純に長瀞まで行って帰ってくるだけでもモトがとれます。

20150227130509

フリーエリアが広い!「秩父路遊々フリーきっぷ」

コチラは、 三峰口ー羽生までの秩父鉄道全線をカバーしていますが、1日間かぎり有効。目的地との往復だけでなく、複数の駅で下車する用がある場合はコチラがお得。どこに行くのかによってお得度は違ってきますので、計算してみるとよいです。私の場合は、遊びに来た土地で毎回きっぷを買うのが面倒なので、そういう意味でもフリーきっぷは便利だなーと思います。

寄居駅限定販売の「ぶらり!秩父・長瀞おでかけきっぷ」というものもあるようです。

秩父鉄道のサイトはコチラ→秩父鉄道/おトクなきっぷ

秩父でのみどころはコチラの記事もどうぞ

秩父三社めぐりの日帰り旅程

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク