【東京・登山】神秘的な苔の森。高畑山&倉岳山はJR中央線でラクラク!

※2015年6月の記事に加筆しています。

高畑山と倉岳山へ

高畑山と倉岳山は「秀麗富嶽12景」に数えられる、景観のよい頂上で人気の山です!

山梨県の大月に位置し、東京からだと中央線に乗れば一本で行けるのでラクラク。

倉岳山周辺地図。

しかし、梅雨時期ということもあり、前日の夜の時点で、午後から雨の予報が50%…

この時期なら大降りでなければ決行で良いかなと思っていたので、念のため雨具持参。

ということで、JR中央線の鳥沢駅7時着に設定!

都内の自宅は6時前に出発です。

気軽に富士景色をたのしめる山

当日になって蓋を開けてみれば、降水確率は30%にまで落ち込んでおり、問題はありませんでした。

JR中央線 大月ゆきに乗れば、そのまま1本で鳥沢駅へ。

今回は鳥沢駅から高畑山へのぼり、峠をこえて倉岳山へ縦走するルートをとりました。

下りはエスケープできる分岐があるので、体力や天候、時間配分(日没までに下山)をみつつ臨機応変で。

逆のルートをとる人もお見かけしました。

駅から高畑山登山口へ

倉岳山は鳥沢駅改札と線路をはさんで反対側。

まずは鳥沢駅を出て、目の前の国道を右へ進みます。

img_1531

小さな道標にしたがって、右に折れてガード下をくぐります。線路を越える道は、このルートが一番近いようでした。

道なりに進むと登山道へ入るゲートがあるので、開閉して登山開始。

img_1536

あじさいがお出迎えしてくれました。

img_1537

苔むした沢のぼりルート

日の当たらない沢沿いをのぼっていきます。この日、大月は28度まで上がる予報でしたが、登山道はほとんど日かげなのでわりと涼しく感じました。

苔のある景観が神秘的。

img_1551

しばらく登り、沢を離れて高畑山へ。

穴地峠へ向かうと、ショートカットになります。

img_1558

沢を離れるとやはり暑く、汗をかいた顔に蜘蛛の巣がかかったり、虫にたかられたりと不快指数は上がります。

img_1561

道中、「仙人小屋跡地」という看板を発見。

img_1563

以前は仙人が住んでいたのでしょうか…?

ここで母を待つあいだに、たまっていたメール返信を片付けました。

山中も、電波はバッチリ入ります。

このころ、山にもだいぶ慣れてきたこともあって、登山の先輩である60代の母との体力の差が出始めてました。

日かげのまま急こう配の登山道をのぼりきると、高畑山頂上です。

img_1568

富士山が見えるはずなんですけれど、雲に覆われていました。

img_1566

一休みをして、穴地峠をめざします。

高畑山から、倉岳山へ

30分ほど下って天神山山頂へ!

img_1576

そのあとすぐに穴地峠到着。

ここから倉岳山へは、のぼり道になります。

標高差120メートルほどを30分でのぼるルートということで、なかなか急な道でした。

岩のぼりみたいだったな…。

img_1578

倉岳山頂でも富士山は見えず…(T_T)

img_1583

img_1582

img_1588

昼食をとり、30分ほど休憩して出発。

苔の森を下る

ここからは、ひたすら下りです。

体力的に余裕があったので、立野峠から寺下峠経由で下山もいいなぁと思っていたのですが、

母の脚の具合が思わしくなく、柳川駅方面へ。(写真は来た道を撮りました)。

道標が新しくて見やすいです。

img_1605

コチラも、沢沿いを下ってゆきます。

川のせせらぎと鳥のさえずりに癒されます。

img_1609

川は飲用水なのだとか。水に光がさして、とってもキレイです。

img_1616

ひたすら沢沿いを下っていきます。

img_1637

img_1632

img_1641

img_1645

苔に覆われてフォレスト感満載な沢沿いを離れ、雑木林を歩くこと数分で登山口へ。

img_1648

高畑山の登山口からは車道を20分ほどで梁川駅へ。

img_1657

暑かった…。

柳川名物「とろろつけそば」でしめる!

登山のシメにはそばが定番、ということで柳川駅から徒歩数分の蕎麦屋「たてる家」へ向かいます。

梁川名物の「とろろつけそば」は薬味にシソが入っていました。

今回はかなり余力が残った状態でいいかんじでした。

梅雨時期でお天気が心配でしたが、山にいる間は雨に降られませんでした。

梁川駅。

下山後、電車に乗って街に戻るとぽつぽつきはじめました。

中央線でさくっと山梨まで来られるっていいですね。

急なお休みが入った時でも出かけやすいかなと思います!







シェアする

フォローする