ブダペスト中央市場まで歩いたらウィンドウショッピングが楽しかった

この日は朝から雨が降っていたんですけど、午前中に用事を済ませていたら午後から晴れてきてラッキーでした。

聖イシュトヴァーン大聖堂近くのアパートから、お散歩がてら中央市場まで歩いてみることにしました。

途中でお土産屋の並んだヴァーツィ通りを抜けるので、お土産もゲットできるしゴハンどころも充実しており、目にも楽しいです。

中央市場まで歩いて行って来たよ

まずは、目印のデアーク広場までてくてく歩きました。

デアーク広場にも小さな出店があり、お土産などをゲットできます。

帽子やストールなど、防寒具を並べているお店もあるので、思ったよりも寒かった!というときも安心。

デアーク広場の裏にはヘレンドの店舗もあります。

南へ向かって歩く

とりあえず、中央市場のある南に向かって歩けばいいだろうということで、適当に歩いているとカワイイ文房具屋さんや額縁屋さんなどを見つけ、そこでお土産を購入したり。(→ハンガリーで買ったお土産たち。

ヴァーツィ通りは、ハンガリーの名産品、お土産が手に入るだけでなく、レストランやカフェも多くて便利だし、車も通らないのでゆっくり歩けます。

私が訪れたのは昼間だったから、のんびりした雰囲気でウィンドウショッピングを楽しみましたが、夜はまた「繁華街」として違った雰囲気が味わえるのかもしれません。

ヴァーツィ通りを抜けると中央市場に到着

こちらが中央市場の入り口。

「ハンガリーの伝統的な市場」だと聞いたので、なんとなく屋外かと思っていてびっくりしました。

入ってみると、1階は生鮮食品が売られていました。

美味しそうなフルーツたち。

2階に上がると、所狭しとハンガリーの民芸品が売っていました。

食器、ガラス製品、刺繍ブラウスやテーブルクロスなどハンガリー土産がゲットできます。

革製品もあったのですが、安くてびっくり。

軽食のとれるスタンドもあって、席はほとんど埋まっていて混雑していました。

通路も狭いので、スリに気をつけたほうがいいかも。

2階で、アルチザンが作ったという指輪を購入してみました。

ちょっと画像が暗くてわかりづらいですけど…

3000だか3500フォリントくらいだった記憶。

安いでしょー、てニコニコしながらお店の人が言ってたw

こういう抽象画っぽいデザイン好きです。

この後は一度帰宅して荷物を置き、次の予定まで時間があったので、場所的には正反対ですがウェストエンドシティセンターまで行ってみました。

今度こそメトロで行くぞーと思っていたんですが、結局歩いた顛末を別の記事で書きますw

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク