【ハンガリー】ブダペストとショプロンで買ったお土産まとめ

ハンガリーはブダペストとショプロンに行ってきました。

定番のお土産の紹介から、実際に買ったものまで、色々載せていきます!

街中に点在しているお土産ショップや小物屋さんでちょこちょこ見つつ、定番ものならヴァーツィー通りや中央市場のようなところで集中して購入してもいいのかなと思います。

 

私は路面店など偶然見つけたお店でちょいちょい買ったり、いつものごとくスーパーやドラッグストアで珍しいものとか探して見ました。

イベントが開催されているところをのぞいて見るのはオススメです!

自分的にはいい買い物ができたと思います。(歩き食いなんかも楽しいw)

 

今回はたくさん買い物しようと思って来たので、ボリューム多めですがお付き合いいただければ幸いです!

 

まずは定番品。ハンガリーのお土産といえば…

というわけでー、まずはガイドブックに載っているようなものをざっくりご紹介。

 

パプリカパウダー

ハンガリー料理はパプリカパウダーを使ったものが多いです。スペインもよく利用するらしい。

お土産っぽい可愛い容器(パプリカ型とか)に入ったものがブダペストの街中でいろんなところで売られているので、購入場所・購入機会には困らないはずです。

パプリカペーストなるものもよく見かけました。

だけど、ハンガリー料理を作る予定のない人が購入しても、あんまり使う機会がないかも?

料理好きの人にはいいかもしれません。

 

追記:

後日、日本でパプリカパウダーを購入し、料理本を参考にグヤーシュを作ってみました。

サワークリームも初めて作ったよw

とても美味しくて、こってりハンガリー料理が懐かしくなりました。

何より、ハンガリーでパプリカパウダーを買って行けばよかった!!と思いましたよ。。

 

パプリカの絵が悟空に見えるというギャバンさんのパプリカパウダーはスペイン原産ですが、定番でよく使ってます。

 

 

カロチャ刺繍のグッズ

せっかくなのでカロチャまで行ってもいいんですけど、刺繍グッズもヴァーツィー通りや中央市場など土産屋で見かけました。

素敵だなぁと思いつつ、スーツケースに入るような小さな布モノはなかなか使う機会がなさそうなので、私は購入を見送りました。

ネットで探してみたら、かわいい本があった!

ハンガリーのかわいい刺しゅう

刺しゅうじゃないんですけど、美術館で刺しゅう柄プリントのエコバッグは買いました。

ちょっぴりお高い感じもしたけど、二色使いでモダンな感じが使いやすくていいかなーと思って。

伝統工芸品にモダンセンスを加えたものが好きなんです。

 

ヘレンド、ジョルナイなどの高級食器

これは…買いたかったんだけど、自粛しました。割るのが怖かったし、もうスーツケースに入らなさそうだったから。

次に行く時は購入すると思います。日本で買うより断然安いです。

だけど、好み的には蚤の市とかでデットストック&アンティークものを探すのもアリ?とか考えていたりする。

 

 

ハンガリーのワイン

トカイワイン(貴腐ワイン)、エゲルワインなどのハンガリーのワインは美味しい!と有名なのです。

私はアパートで開けちゃいましたがw

 

数字が上がるとグレードも上がるそうな。

ワイン専門店で購入してもいいし、スーパーでも気軽に買えちゃう!

もちろん、空港にもありました。

 

スーパーでサラミとチーズを買って、アパートで飲みました。

甘みがあるので、辛いのが苦手な人にはいいかも。

私は、いつもは赤ワイン派なので、赤も買えばよかったなと思いました。

 

 

 

 

ウニクム(UNICUM)

ハーブ、スパイスで作られた薬草酒…とのことで、どんな味がするかはお楽しみで購入してみました。

 

スタンダードなサイズのものはもうちょっとコロンとした瓶です。小さいのは厚さもスリム。

 

薬草っぽい味は、リキュールのイエーガーと似てるかもしれません。

イエーガーは元々好きなので、ジンジャーエール割りですぐなくなってしまいました!

大きいの買っておいてもよかったな。

 

 

グヤーシュなど有名どころのインスタントスープ

スーパーで売っている定番のお土産です!

現地の料理を手軽に体験できるので、差し上げても喜ばれることが多いです。

私も、もらったら嬉しいものの一つです。

 

これは鍋でグツグツ煮るタイプのやつ。

最後までなんていうスープなのか分からないまま完食w

一人だと3食分くらいになりましたww

こういうので、お湯を注ぐだけのグヤーシュをお土産に…と思っていたんですけど、買いそびれました。

 

なぜかというと…、

ブダペスト空港のスーパーで買おう…と思っていたのですけど、オンラインチェックインしてるのにカウンターに並ばなきゃいけないし、2時間前きっかりになるまでカウンターは開かないしで、待つだけで疲れてお土産なんて買っている体力がなかったのです。。(即刻セキュリティチェックに向かったし)

というグチは今回はほどほどにしておきますw

記事書きました。→ブダペスト空港のチェックインカウンターはきっかり2時間前にオープン…オンラインチェックインの意味もなく。。

 

 

チェスがいっぱい

あと、お土産屋さんでよく見たのは、チェス。

小さなものから大きなもの、凝ったものまでたくさんあって、買って帰りたかったなぁ。

 

ポストカード

これは買っちゃうよね!自分用にも送る用にも買っちゃう。

これ買ったものの一部ですw

美術館とか、ポストカード屋さんとか、本屋さんとかでちょこちょこ買いました。

 

以下、実際に買ったものたちをご紹介していきます

定番も変わり種も一緒くたにいきますー!

 

英語のハンガリー料理本とミニ写真集

聖イシュトバーン大聖堂の先に伸びる通りに、英語の本屋があるとのことで行ってきました。

さすが騎馬民族の末裔の国…「世界の馬たち」的な分厚い図鑑がものすごく気になったのですが、スーツケースに入らない気がしたのでハンガリー料理の本を購入。

(料理本なら空港にも日本語版はあるのだけどねw)

見やすくて、読むだけでも楽しい!

 

あと、美術館で購入した香水瓶のミニフォトブックもお気に入り。

ハンガリー語なので読めないけど美しい!

 

過去、特別展が開催されていたのだろうか

 

香水瓶と同じシリーズで、アンティークボタンの本は英語版を見つけました。

眺めるだけでも満足

中身はこんな感じ。

こちらは妹にあげました

 

ハンガリーの美しいハンドメイド品

イベントで出店していたところから買いました。→伝統的なハンガリーが味わえるイベントNational Gallopが開催されていました

またブダペストに行くことがあれば訪れたいイベントでした。

どれもこれも可愛いしリーズナブルだったのでたくさん買って帰りたかったのですが、現金のみだったし、フォリントは少なくなってたしで…我慢。

 

ずっと欲しかった馬蹄ネックレス!

 

ペーパーナイフは日本でもずっと探してたので、素敵なものが見つかって嬉しい。

フクロウもト音記号もツボにハマりすぎて即買い

 

他、陶器のプレートに絵付けしたものや、ネックレス、革靴などもありました。

馬好きにはたまらない!

 

 

スポンサーリンク



 

 

スイーツのイベントで見つけたチョコレート

聖イシュトバーン大聖堂の前の広場で、「スイーツデー」的な名前のイベント(忘れてしまった)が開催されていて、甘いものたちが大集合してました。

 

いちご、ラズベリーなどのドライフルーツやナッツが散りばめられた、かわいい板チョコを発見。

私は知らなかったのですが、有名らしくてこれを目当てに来ている人もいました。

チョコ好きの人にあげたいお土産ナンバーワン!

店舗あるのだろうけれど、街中では見つけられなかったな。(そんなんばっかだなw)

ここのお店は砂糖不使用とのことで、フルーツの甘酸っぱさが効いた優しいチョコでした。

一つ一つそんなにお高くないのでお土産にちょうどいいと思います。(10ユーロ前後だった記憶)

 

あと、これも全部チョコでできてます。

さしあげた人にはもれなくもったいなくて食べられない、とのお声をいただきましたw

金属っぽい質感が出てて、リアルですよね!噛むのが怖い。

 

毎年開催してるのかな?日にちが合えばおすすめです。

Sweets Days Chocolate Festival

記事にする際、お店の名前をどうにかして調べたかったのですが、私の力が及ばすすみません。

 

絵を買って見た

フレーム屋さんにて。

絵はマット付きで3枚購入したんですけど、フレームも絵もオリジナルというこちらもゲットしました。

フレームはヴィンテージ感があります。ヴィンテージかも?

 

このポストカードサイズよりももっと小さなサイズの絵も売ってました。

紙モノは大きくてもかさばらないし、異国情緒が素敵なのでいいお土産だなぁと思います。

ただ、一緒にフレームも買いたかったんですけど、オーダーしている時間もなかったし、スーツケースには入らなさそうだったので諦めざるを得なかった。。。

こちらもお店の名前を忘れてしまったのですが、場所はDeak Frenc Ter駅の近くだったと覚えてます。

写真を頼りにしてみると、このお店のような気がしますが確実ではありません。すみません。

 

 

ハンガリーならではの切手

ブダペストでは購入していないのですが、ショプロンで切手を購入しました。

(→ウィーンから約1時間!ショプロンでちょこっとハンガリーを体験

家族にお手紙やハガキに貼って送ると喜んでもらえることが多いのですが、今回はお便りは出さずに切手はコレクションとしてお持ち帰り。

 

なんのために買うのかって?そりゃ折に触れ機に触れ、眺めてニヤニヤするために買うのだよ

 

 

もはやお土産とはいえないけど

現地で購入し、使ったものをそのまま持ち帰り、自分へのお土産にするのも結構好きです。

 

アメニティ的なものは自己調達。

最近はB&Bとかアパートを借りることが増えてきたため、アメニティ的なものたちは現地のドラッグストアで調達することにしています。

現地のドラッグストアで買ったものの、イギリスからの輸入品だったとか普通にありますけどw

まぁ現地に売っていて、現地の人が買っているであろうものならよしとして、その中から気になったものを選んでます。

シャンプー&コンディショナーは定番で買って帰ります。今回はボディソープも購入。(アパートになかったから)

持ってきた洗顔料が足りなくなりそうで念のために購入した。

 

リップクリームやリップ(口紅)はよく買い足しちゃいます。

あと、歯磨き粉!ドラッグストアやスーパーに、ものすごい種類の歯磨き粉があるので驚きましたw

違うやつももう一個買いました。歯科医監修、的なやつ。

ハンガリーにわざわざ来て歯科治療を受けるヨーロッパ人が多いと聞きました。

 

ほのかに甘い。

 

あと、ブダペスト滞在。ちょこっとお散歩したりショッピングしたりな日。にも書いたんですけど、Yves Rocherという自然派のコスメ店でオーデトワレを買いました。

海外を旅している女性のブログを覗くと、オススメしている人がちらほらいて気になってました。

ヨーロッパを旅してるとたまに見かけるお店なんですが、まだ日本未上陸のようなので、もうちょっと色々買えばよかったかなーと思いました。

皆様も後悔のないようにおみやげゲットしてくださいね!

 

おわりに…

滞在中イベントに重なったのはラッキーでした!

路面店とかも、もっと街中を歩き回ったらもっと色々見つかりそうな気がしました。

また「お気に入り」を探しに歩きたい街です。

今度こそ蚤の市に行きたい。(バスが不安だけど…)

 

こちらにも購入したお土産について書いてます。

伝統的なハンガリーがぎゅっと凝縮!イベントNational Gallopでグルメ&お土産ゲット