海外でネット。ヨーロッパ旅行にプリペイドSIMのThree(スリー)を使ってみた。

今まで、旅行時のネット環境は、PC・スマホともに、ホテルや空港、カフェなどの無料Wifiで全て賄ってきました。

それでも十分ではあるんですけど、道に迷った時や出先で調べ物をしたい時など、いわゆる「いざという時」、急を要する事態で使えないということになり、ちょっと心もとなかったんです。

で、せっかくSIMフリーのiPhoneを持っているんだし、

今回はプリペイドSIMに手を出してみました!

ところで、海外旅行時、スマホでネットを使うためには、いくつか方法があります。

人によって選ぶものが違ってくるかと思いますが、私においてはプリペイドSIMが良かったなと思って選びました。

私のスペック&旅のスタイルから考えてプリペイドSIMが一番良さそうだった

現時点では私の持っているスマホは、Appleストアで購入したiPhone6sで、電話およびネット回線はDMMのSIMを使っています。(新機種はキャリア契約して、SIMロック解除できるようになる前に海外行くことがあれば、このiPhone6sで賄うというのもありかも)

電話回線はドコモの電波を使っているようで、全国どこでも割合電波は良好です。(何故か自室だけ圏外だけどw)

まぁそんなわけで、携帯キャリアのいわゆる「海外パケ放題」的なものは使えないし、あってもバカみたいに高いので使うつもりはない。

PCは旅行中ならなおさら、それこそwifiのないところで開かないし、ルーターを借りるまでもないかなって感じでした。(iPhone、MacBook環境なのでいざとなればデザリングでいい)

通話もアプリの無料通話で足りるので、ネット回線さえあればいいかなと。

あとは、複数国をまたいで旅することが多いので、自由がきくもの(国ごとに使いかえなくていいもの)がいい。

で、ネットで検索してみたら、プリペイドSIMに当たりました。

日本で購入、準備していけるのもポイント!

現地で購入し、SIMを差し替えればOKなんて話はよく聞いていたんですけど、今はAmazonで事前に購入ができます。

(→Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

ロングフライトでぐったりしているのに、さらに大荷物を抱えたままどのSIMにしよう〜と手続きするのは面倒だし、先に買っておけば心配事が一つ減ります。

お急ぎ便対応のお店もあるし、急がないならポストインでいいサイズだから受け取りに煩わされることもない。

Threeはイギリスの会社が出している商品で、イギリス国内はもちろん、ヨーロッパ各国(自分が訪れる国が対象かどうか要チェックです)でも使用可能。

カバーしている国は上記のリンク先(Amazonのページ・日本語)に書いてあります。

イギリス以外の国は、プリペイドSIMによる各国の携帯キャリアからローミングが行われる仕組みです。

ローミングって聞くと高額請求されんの!?って条件反射的に構えちゃうんですけど、プリペイドなのでそれ以上請求されることはありません。

買い切りっていうのも安心ポイントですよね。

1G、3G、12Gどれにする?

旅行中、どれだけネット回線を使うか?という問題。

私は上記の通り、1ヶ月に外出時3Gb使うか使わないか…というレベルの人間なので、1週間以内なら1Gがちょうどいいんだけど、ちょっと割高なんですよね。

Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】(2050円〜)

一番私の旅スタイルで多い、10日〜20日なら3Gがちょうど良さそう。今回は3Gにしました。数日の滞在でもこっちの方がお得感あっていいかも。容量気にせず使えるしね。


Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】(2700円〜)

まぁでも…お値段を見ると、12Gでも6000円以内とそんなに高くないので、結構がっつり使う人は保険のために購入していくのもありなんじゃないかなぁと思います。

Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【12GB / 360日タイプ】(5850円〜)

12Gだと1年間(360日間)有効だし、また該当地域に旅行する予定のある人ならなおさらその方がお得かもしれません。

ネットを使う量は人によって違うし、ホテルのwifi環境にもよるので、どれがいいとは一概には言えませんしね。(ロビーにしかwifiがないところもあるし)

有効期間はいつからカウントされるのか?

気になるポイント。

マニュアルによれば一番最初にローミングで電波を受信した時から、自動スタートになるとのこと。

気をつけなければならないのは、日本では電波は入らないのですけど、ローミング開始すると有効期限がスタートしてしまうという点。

到着してから空港で差し替えるのがいいんだろうけど、それだとうまくできるか不安…という場合は、旅行期間中に有効期限が切れないように日本を出発するギリギリで設定していくのがいいかもしれません。

ところでSIMスロット用のピンは機内に持ち込めるのだろうか?ちなみに、今回の商品にピンは付属してませんでした。

こういうやつ。


SIMフリースマホを利用している場合など、作成している構成ファイル(使っているMVNOやWiFiの)を削除してからでないとAPNの設定(Threeのキャリア回線を使えるようにする)ができないし、国内で設定していくのは空港に着いてからが良さそうだなぁ。(SIMなしでもWiFiが使えるから)

それか、機種変前のスマホを海外用にするかねw

あ、だめだあれはSIMロック解除してなかったわ。

※ピンは機内に持ち込めるらしいですけど、検査官の個人の判断にもよるので一概にどうとは言えないみたいです。私は安全ピンを代わりに持って行きましたが、持ち込めました。

日本のSIMも一緒にしまっておけるケースがあった方が安心かなぁ。小さいから失くしやすいし。

↓こういうのね

私は小さいジップロックに入れて行きましたがw

使用感はというと

使ってみた感じ。

私の持っているSIMフリーiPhoneだと、どうやらAPN設定はいらなかった模様です。でも念のため、設定方法を知っておくのは安心かと思うので確認しておいた方がいいかも。

鉄道の場合、国をまたぐとその国のキャリアでのローミングに切り替わり、その都度SMSが届くので「あ、今国境変わったんだな」ってわかって面白かったです。

通信の速さは?

速さはまったく問題なしです。サクサクです。

私が使ったのは、safari(ネットブラウザ)、Google Map、Gメール、LINE、Instagramあたりですけど、繋がらなくてイライラ…という経験はほぼなし。

むしろ、滞在していたアパートのWiFi環境が悪く(近所の人が帰宅すると繋がりにくくなる)、そっちの方が気になったw

容量は3Gで足りた?

実質2週間ですが3G余裕でした。1Gでも良かったです。

外出時、マップ以外そんなに使うこともないのと、調べ物をするのは大体WiFi環境のある時だからかもしれません。。

インスタの投稿も、リアルタイムというよりは朝晩だったしね。

モバイルデータ容量はリセットするの忘れてたけど、帰ってきてから確認したら300Mbも使ってなかったよ…。

安心感のために(私の場合、主に道に迷った時のマップ用)SIMを用意したようなもんかもしれないなぁ。

3ヶ月間有効なので、3ヶ月以内にまた該当地域に行くことがあれば、使えますがw

足りなかったところ

いまいちだったところ、という切り口だと商品には問題はないのですけど、私の場合は通話ありのSIMでも良かったかなぁという感想です。

というのも、今回は現地で電話予約したい!タクシー呼びたい!とか、アパートのオーナーに電話をかけたい!というシチュエーションが数回あったのです。

電話かけることなんかないよー、って思ってたんですけど…。

かけることがあっても、日本の家族にネット回線でかけるくらいだろうと思ってました。

私の場合は、ネット容量はもうちょっと抑えつつ、通話のできるSIMが私には合っていたようです。

これは旅のスタイルとか、何をするかとか、個人差のあるポイントだと思いますので、よく吟味して見た方がいいかもしれません。

他にもAmazonで取り扱いのあるSIMメーカーあります。

実は、今回購入したThreeの他にもAISというメーカーがあって魅力的なのですが、私が今回訪れる国が範囲外でしたので却下となりました。

【AIS】ヨーロッパ周遊・アジア周遊 プリペイドSIM 15日 4G・3Gデータ通信無制限 ※日本でも利用可能(3490円〜)

無制限てすごいね。

こちらはヨーロッパだけじゃなく、アジア、オセアニア、アメリカ、中東、アフリカの多くの国で使えるし、余ったら日本でも使えるからいいなぁと思ったんだけどなー。

まぁでも15日間有効タイプだから、旅行期間によってはギリギリになってしまうこともあるかも?

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク