カトリックの聖地ルルドに行ってきたよ。

2014年のニース〜アヴィニヨン〜トゥールーズ周遊の南仏旅の時、カトリックの聖地ルルドへも足を伸ばしてきました。(ニース滞在記(2014.2)世界遺産!フランスの古都アヴィニヨン教皇庁宮殿トゥールーズで道に迷った話

聖地ルルド

ルルドはスペイン国境近く、ピレネー山脈に位置し、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路でも通る要所となっています。

「ルルドの泉」という伝説があり、聖堂横の泉の水は「病を治癒する奇跡の水」と言われていて、その奇跡の水を求めて世界中から人々が訪れるそうです。

ルルドはいわゆる「観光地」というよりは、カトリックの人たちにとって特別な聖地。

我々、特別カトリック信者というわけではない人間たちも、敬意を払うことを忘れずに、厳かに見学したいところです。

山の空だからかな?澄んでいてとっても綺麗でした。

不思議と、雲も神秘的。

私の旅程としては

私はトゥールーズにホテル泊、早朝(といっても7時くらい)にTERで出発し、約2時間半で到着(10時前)、聖堂を見学、聖域を歩いた後ゆっくりつつランチを食べて、日が暮れる前にトゥールーズへ日帰りしようと考えていました。

しかしながら、南仏旅で鉄道トラブルに遭遇した件。でも書いているように、車両故障で電車が動かなくなり、バスの振替輸送で約2時間のロスが発生。。(途中の駅まで送ってもらい、そこから電車に乗って、ようやくルルドに到着)

お昼前に到着したのに気持ちはランチどころじゃなく、急いで聖堂へ向かって空腹のまま見学してきました。

それも、やっぱり道に迷いつつ。

道に迷う…

駅を出ると、目の前はロータリーになってました。

そこから歩いてサンクチュアリ(「聖域」の意味。教会の敷地)に向かいます。

私の場合ですけど、一般の人に道を聞くときは、ルルドの泉のを指す「grotte」が一番通じました。

ロータリーの先に、右へ進む道路があり、坂を道なりに下って行きました。そこまでは良かったんですけど、そこからの道が入り組んでいて、坂もあるので訳が分からなくなってきて、民家の路地に迷い込んで閉まって、、、引き返して人に道を尋ねながら向かいました。

観光的にはオフシーズン(2月)だったからか、いつもの「誰かについていく」作戦も使えずww

駅から徒歩で行く人はあんまりいないのかもしれません。車っぽい。

でも親切な人たちに助けられてようやくサンクチュアリへ到達。

やっぱりカトリック色の強いところは困っている人にとても親切です。フランスでは本当によく助けられてます。

で、おかしな歩き方をしていたようで、サンクチュアリ内の観光案内所近くの道から入り込んでました。。。

まぁ着いたからいいのだ。地図とガイドブックをもらって、聖堂へ。

サンクチュアリは、神聖な空気感に包まれてる

私のように写真を撮っている観光客はあんまりいなかったです。(私もこれでも少なめに撮った)

どこもかしこも観光客だらけな昨今から考えると貴重な時間だったかも。。。

文字通り、神聖な空気感でした。

あれから4年経ったけど、今はどうなっているのかなぁ。

聖堂内ではお祈りをしている人がいました。

ルルドに宿をとって、夜ミサに参加するのも良い経験になりそう。

上の写真の、聖堂の右側奥へまわると、小さな洞窟になっていて、「ルルドの泉」があります。

ルルドの泉

洞窟では、人々が順番に泉の湧き出ているところでお祈りしているのですが、お水がもらえるのはそこではないのです。

泉の手前に、蛇口がずらっと並んでいて、そこから採水できます。

風情はないけど、便利ですw

私が行った時期は本当に空いていて、ほぼガラ空きだったのですけど、繁忙期には順番待ちになったりもするそうなので、気をつけてください。

まずは、飲み干した後のペットボトルに詰めて、その日の飲み水に。

道中のお土産やさんで購入したボトルにも詰めました。

小さなボトルから大きなボトルまで、サイズは様々でした。

泉には、重篤な病気であろう人が、家族に支えられてお祈りに訪れていました。

私も勝手ながら祈らせてもらいました。

ルルドを満喫しよう

そのあとは、しばらくサンクチュアリの空気を味わいたくて、ベンチでぼーっとしてました。

帰りの電車の時間が気になりつつも…、ランチはもう持参してきたお菓子で空腹を満たして行けばいっか…なんて考えて。

(いやいや、今思うと、、ビゴール地方のグルメは絶品だそうで、食べて帰らなかったことが本当に悔やまれています。訪れた方はぜひ食べて行ってください!)

清流、ポー川

実はこのサンクチュアリのロザリオ聖堂、バジリカ聖堂、泉以外にも、ルルドには見所はたくさんあるんだそうです。

水車小屋、聖母の声を聴き泉を発見したベルナデットゆかりの地、ビゴール伯爵の城塞など。

私は日帰り旅程にしてしまったけれど、これから訪れる方にはぜひ一泊して満喫して行って欲しいです。

やはり、巡礼地なので、ホテルの数がとても充実しているんですって。→ ルルドのホテル

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂への巡礼路に興味のある人にも、魅力的な場所だと思います!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク