札幌で利用したホテル、ラ・ジェント・ステイの感想

先日の札幌ステイで利用したホテルの話。

モダンなホテル

ラ・ジェント・ステイ札幌大通は、2016年にオープンした評判の良いホテルだったので、連泊利用してみました。

セミダブルのシングルユースで予約(1泊10000円)したのですが、ツインのお部屋でレディースフロアにアップデートしていただけました。

ちなみに、レディースフロアといっても廊下から男性の声が聞こえてきたので、女性限定ってわけではなさそうです。(ファミリーとかカップルとかかな?)

現代的で、チェックイン&チェックアウトもスムーズで、快適なホテルでした。

ペットボトルのお水が置いてあって、お湯を沸かしたりコーヒー・紅茶(ポーション式)を淹れたりできます。

自分でも買ってきたけど、毎日500mlのペットボトルが置いてあるので助かりました。

でも緑茶がなかったので、自分でティーバッグを買って滞在中は置いておきましたw

このお部屋、トイレとバス(洗面所)が別の部屋なのでした。

ちょっとしたことなんだけど、快適です。

加湿器、空気清浄機、ファブリーズもある。

お部屋のシャワー(バスタブがあるのでお湯も溜められる)を使ってもいいし、大浴場に行ってもいい。

私は利用してないけど、大浴場の評判がいいです。

アクセスはめっちゃいい!

大通駅からは、地下街を歩いてPIVOTの出口から出れば、徒歩2、3分。

札幌駅前通りからも近いし、歩いてすぐのところに狸小路。

ホテルの1階には広めのコンビニがあるし、道路を挟んで数軒先にはドラッグストアも。

札幌だけの滞在、もしくは連泊ならJR札幌駅付近にこだわる必要ないなと思います。

残念ポイント。

ただ、朝と夜(部屋に帰っている時間だよね)、たまに夜中なんですけど…

同じフロアに泊まっている中国系の方々の会話ボリュームが大きすぎてねぇ。。。

ドアの開け閉め、ノックをしたりチャイムを鳴らしたり、ドアを開けっ放しで廊下に向かって喋る…(人数が多くて、同じフロアに何部屋かで別れちゃったんだろうね)

起きてる時は、まぁ、賑やかだなぁ…で済むんだけど、今日は早く寝よう…という日はしんどかったなぁ。

まぁ、これはホテルの悪い点ではないですけどね…。

タイミングの問題かもしれませんが、きになる人にはしんどいかもしれないですね。

私は布団をかぶって対策しましたがw

ホテル側に話してみたら、対策してもらえるのかもしれません。

その一方で、ロビーにいた他のファミリーは、子供がきゃっきゃとはしゃいだ後で、ハッとした表情で「静かにしなきゃね!」ってパパとママと顔を見合わせていて可愛かった。

むしろ、小さい子供ならあんまり気にならないし、ロビーなら大きい声で話してても許容範囲なんだけどw

客室の廊下で話していたのは大人だったしなぁ。

レストランで夜ごはん

さて、ホテルに併設されているレストランにも行ってみました。

ワインと、海鮮カルパッチョ、アスパラのフリット、春野菜パスタをオーダー。

多すぎましたねww

特にアスパラのフリットは一人で食べられる量ではなかった。。。

美味しかったので、他のものも食べてみたかったなぁ。

お値段も5000円くらいだったので、2人ならもう一品追加してシェアして食べて、ちょうどいい感じの量とお値段かななんて思いました。メニューも、お酒も進みそうなラインナップで。

結局残してしまったので、一人分のコース料理みたいのがあったなら、そっちにすればよかったなぁ。

朝食付きだと、こちらのレストランになるようですが、評判もよく美味しそうだったのですけど、ちょっとお高いなぁと感じて利用しませんでした。(1600円くらいだったような)

3日以上連泊だと朝食バイキングは割引になるようで、チケットをもらえました。

滞在中は、カフェで朝食メニューを食べたりしました。→(札幌 KINOTOYA cafeで朝ごはん!大通ビッセ店は朝8時からオープン、 札幌市街地は地下通路を利用すると便利!ちょっと座れる休憩スペースも充実

リンク

★公式→【公式サイト】ラ・ジェント・ステイ札幌大通

★エクスペディア→ラ・ジェント・ステイ札幌大通

★Hotels.com→ラ・ジェント・ステイ札幌大通, 札幌

★agoda→ラ ジェント ステイ札幌大通 北海道 (La’Gent Stay Sapporo Odori Hokkaido) agoda

★じゃらん→ラ・ジェント・ステイ札幌大通

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク