時計台こと旧札幌農学校演舞場の見学

お外にはたくさん観光客がいて、時計台の外観写真を撮っていました。

スーツ姿の男性たちもいたけど、彼らは仕事の合間に休憩してたのかな。

ところで、この写真、やっとの思いで撮ったのですよー。

なぜかって、正面から撮ると、ビルと工事のクレーンが丸写りするのです。。。

このように、頑張ってクレーンは隠れてもビルが入っちゃうのだ。

気にしない人は気にしないんだろうけどね。

写り込まないようにウロウロして見たものの、正面からは撮れないということがわかり、上の写真のように左側からのアングルになりました。

どうでもいい話かもしれませんがw

さて。

屋内は、入館料を払って入ります。(200円)

時計台とは、正式には旧札幌農学校演舞場といいます。

演舞場として使われていた時代は、標本展示室だったり、兵式訓練や講義などが行われた施設なのです。

1階はその資料館となっていて、貴重な展示物を見学することができます。

札幌農学校と時計台のあゆみとか、札幌農学校の生徒をクローズアップしていたりとか。

クラーク博士をはじめとした、先生たちの話とか。

中学生が宿泊学習で訪れていて、ビデオを撮りながら館内を回っていて、時代を感じました。

我々の世代は、自作の「しおり」と「鉛筆」必須でしたものなぁww

んで、スタッフさんが中学生に色々と説明をしているので、聞き耳をたててました。

新渡戸稲造の直筆の英文ノートがある、っていうのもそのときに知りました。

「外で写真だけ撮って時計台は終了」な人も多いみたいですけど…展示物はなかなか興味深い内容でした。

2階は現在、閉館後にコンサートホールとして貸したりしているようです。

振り子がゆらゆら動いてました。

仕組みは何度見ても理解できない頭の悪い子ですww

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク