新青森ー新函館北斗ー札幌。新幹線と特急「スーパー北斗」を乗り継いで行ってきた

汽車の旅メモです。

(東北や北海道の人は列車のことを汽車と言います)

本州から北海道へ渡る道は、いまや飛行機の方が早くて安い。

なんと、羽田ー新千歳の航空運賃と新青森から札幌までの列車運賃はほとんど変わりませんw

成田ー新千歳だと、LCCならそのほぼ半額。(成田から都心部までシャトルバスに乗るので時間は若干かかるけど)

そんな中、久々にJRでの旅をしてきました。

新幹線の通っている最北の駅は、新函館北斗(しんはこだてほくと)駅。

駅があるのは北斗市なのですが、函館にとても近いです。

この新函館北斗駅から、函館ライナーで15分です。

上りのスーパー北斗も、終点は函館。

しかし今回は函館には行かず、下り方面、札幌駅へ。

感覚的には、上りって言いたくなるんだけどもw

そんな感じで、旅メモとして移動記録を書いていきます。

新青森駅は、意外にコンパクトな駅だった

私は今回、在来線から新青森駅にて、新幹線はやぶさに乗り換えでした。

北東北に行く人は新青森駅でほとんど降りる、と聞いて、さぞかし大きな駅なんだろうなぁと思っていたのだけど(品川駅くらいを想像していたw)、割とこじんまりとしていて乗り換えがスムーズにできました。

というより、新幹線に乗り換えるか、降りるか、しかないので迷いようがなかったです。良かった!

乗り換え時間が短くても安心です。

在来線の方にも、新幹線のコンコースにもトイレがあります。

コンパクトとはいえ、新幹線エリアにはコンビニ、お弁当屋さん、お土産ショップがあり、買い物にも暇つぶしにも困りません。

スポンサーリンク



指定席or自由席?

「はやぶさ」新青森〜新函館北斗間は、自由席券でも「空いている指定席」に座っていいそうです。(JRみどりの窓口で教えてもらいました)

私は、往路(行き)はえきねっとでの予約で、上記のような事情を知らなかったこともあり、指定席を購入していきました。

車内は平日だということも相まって、ガラガラでしたけど…

一方、復路(帰り)は指定席券を買わずに乗車してみたんですが、結構混んでいて、どこが空いている席なのか(指定席券が購入されていない)がよくわからず、右往左往してしまいました。

一度座ったところに、指定席券を持った人が現れるということもあったり…。

大荷物を持ってウロウロするのはしんどいし、席が確定していないのは不安なので、私は指定席券を購入する方が自分に合っているなぁと思いました。

実は、いつも新幹線や特急に乗るときは指定席を取らないと安心できないタイプなのですが、今回は油断してしまいました。

海底を走る!

初めて、本州から北海道へ渡りました。

海底のトンネルを抜けて行くのですが、トンネルなので窓からは何も見えませんw

当たり前ですが、海っぽい何かも見えません。ちょっと残念。

25分くらい海底を通り、北海道へ上陸。

車窓の景色も、なんとなく植物が違うような気もします。

スポンサーリンク



新函館北斗駅での乗り換え

さて、約1時間ほどで新函館北斗駅に着きました。

下りは乗り換え時間が12分。

慣れない駅で無事乗り換えができるかドキドキでした。

新幹線を降りて、みんなが向かっている乗り換え口についていきます。

階段を登ると、スーパー北斗に乗り換えるための乗り換え専用の自動改札へ。

こちらは1階の乗り換え改札

しかし問題が…

乗り換え改札が混雑するのだ

ホームに乗り入れるスーパー北斗

降車した客がほとんど一斉に向かうので、ただでさえ混雑する場面。

新幹線の車内アナウンスも、係員も「切符は、乗車券と特急券を重ねて」と言っているんですけど…わかってない人が多いのか、改札前にして用意を始めるのか、改札が詰まるんですよね…。

アナウンスが言っている意味は、1.乗車券(乗車駅から降車駅までの)、2.今まで乗っていた新幹線の特急券、3.これから乗るスーパー北斗の特急券を重ねて改札機に入れるように、ってことなんですけども、確かに慣れてないとわかりづらいのかも。(違うパターンもあるかもしれない)

と言うか、どれが乗車券でどれが特急券だかわかってない人もいそう。(大人になって自分で新幹線のチケットを買って利用するまでは、私もわからなかった)

スポンサーリンク



てなわけで、ピンポーン!ガシャーン!が繰り返されて詰まる詰まる…。

乗り換え間に合うのか?って不安になりました。

結局、間に合ったんですけど、ちょっと何か買おうと思ったり、トイレに寄りたい場合はどうなんだろうか。少なくとも、私にはそんな心理的余裕はなかったなぁ…。

上記写真の、1階改札の方が空いていると言うネット記事は見つけた。

そして、みんな函館方面へ向かうのかと思いきや、意外に札幌方面のホームへ向かう人も多かったです。

左上のフクロウとアルファベットは乗車位置の目印

行きも帰りも、「D席」を取ろう!

スーパー北斗の車窓からの景色

札幌発も、函館発も、どちらも景色の良い海側はC席(通路)、D席(窓)になります。

車窓の景色も楽しみたいということであれば、D席がオススメです!

車内の網棚は、機内持ち込み可のスーツケースが乗るくらいの幅がありました。

札幌までは約3時間半の旅…足元に置いておくのは邪魔になるので(小柄な女性でもね)、上に乗せちゃった方が楽だと思います。

重くてちょっと大変だけど…

隣に誰もいなければ、置いておいてもいいのかも。

駅弁は車内販売で買ってもよし、予約しておいてもよし

駅弁は予約しておくと、席まで持ってきてくれるらしい!

けど、私は車内のワゴン販売にて購入。

スーパー北斗の下りは12:34発だったので、ちょうどお昼どき。

でも、そんなにお腹が空いてなかったので、小さめのがいいなぁということで

函館から札幌行きの限定のお弁当「山海いろごはん」にしてみました。

んで、車内が揺れる揺れる…。ちょっと写真がブレてますw

色々と限定品があるようで、札幌から函館方面へ向かう時は夏季限定のお弁当もありましたが、乗務員プロデュースの幕内にしてみました。

ボリューミー!

どちらも北海道の具材を使用して作っているそうです!

お腹いっぱいで大満足。

あと、おやつに飲むヨーグルト。

ひまわりアイスも気になりましたー。

この山は何の山だろうー?

北海道は本州とは動物が違う、と言われてますが、植物や山々の姿も何となく違って見えました。

そんなわけでー、無事、定刻通り札幌に到着!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク