ラマダン月(毎年5~6月あたり)は海外渡航時に注意。

ラマダンの時は、イスラム系の過激組織が信仰心や忠誠心などを煽ってテロなどの破壊行為を呼びかける傾向があるそうなのです。

その注意書きを読んだのが、来週からマレーシア(コタキナバル)に行こうかなぁなんて思って航空券取ろうとしていた矢先のことでした。

 

ですが、、ちょうど予定していた時期がイスラム教のラマダン月(断食の時期)に重なるということで…

外務省の海外安全渡航情報にも注意書きが出ていたので、延期することにしました。

 

テロが怖くて海外旅行できるかー!っていう気持ちもわかる。

 

でもねぇ、

もちろん海外に行く時は色々な可能性も含めて身を引き締めて渡航しているのですけど、時期が選べるならわざわざ注意喚起されている時に行かなくても…と思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

ラマダンは5/27頃から6/24頃の約1ヶ月ほどで、ラマダン明け前や、明ける前後のお祭りの時が危ないと言われているそうです。(毎年ある)

 

ただ、この時期を外したからといってテロが起こらない保証はないし、ほかにも自分が絶対に事件に巻き込まれないというわけではないので、同様に気をつけなければなりません。

当たり前すぎる話ですが。。。

在住の人や渡航中の人など、どうしても行かねばならない場合などは、人の多く集まるようなところを避けるように注意が促されていました。

 

とにかく、海外でも、日本でも、危険を察知する「嗅覚」が大事!!

 

 

あとね、ラマダン関係ないんだけど、コタキナバルは大丈夫のようだけど、サバ州東側の沿岸部は海賊や人さらいが多く出没しているから近づくなって書いてあってびびったよね。

(オレンジのレベル3だし!)

 

そういえば、マレーシアって2年くらい前にも行こうとしたんだけど、なんかタイミングが合わずにやめたんだった。

今回も、今の時期外すと随分先まで行けなさそうだからなぁ…(自己都合)

東南アジアデビューはいつになることやらー。

 

外務省のWebページ→ ラマダン月のテロについての注意喚起

毎年、ラマダンがいつからいつまでなのかチェックしておくことをオススメします!