ウィーン宿泊はモーツァルトゆかりのペンションノゼックにしたよ

前回の旅では、モーツァルトについて考えたかったので、モーツァルトゆかりのホテルはないもんか?と探していたら、観光アクセスも抜群のペンションノゼックを発見しました。

ペンション ノゼック (Pension Nossek)

真ん中の建物の3階に、小さい看板が出てます

グラーベンに面していて、ユリウスマンイルの目と鼻の先、つまり王宮にも近いし(道中にはデーメルがあるね)、シュテファン寺院もメトロ駅もすぐ、という最高の立地でありながら、「ペンション」ということで、若干リーズナブルなのです。(履歴を見たら私の時は1泊12229円でした。)

ペンションは、パリでいうプチホテルみたいなイメージです。

建物の、数フロアが客室とフロント&ダイニングになっていました。あとはオフィスとかが入っているみたい。

廊下。ここまで暖かいのは嬉しい!

建物が21時には閉まるので、入り口の鍵とホテルの部屋の鍵(ホテルのフロアに入る時も同じ鍵)を使うとのこと。

これを持ち歩いて出かけるというね…w

海外は、カードキーじゃないふつうの鍵でもフロントで預からないところが多いですね。

エレベーターが遅いので、階段もよく使いました。ちょっと疲れるけど。

どの部屋かはわかりませんが、モーツァルトはここに一時期住んでいたそうです。

ここで、オペラ「後宮からの誘拐」を完成させたとのことです。

部屋にあるブックレット

建物の1階にある掲示板

アンティーク家具を使用していて、雰囲気がよく落ち着きます。

小物が多かったので、チェスト、ワードローブは遠慮なく活用しました。

ウィーンの水道水はアルプスから引いているので、安全で美味しいのだそうな。カラフェにお水が入れてありました。

朝ごはんは有料で、とても簡単なビュッフェなので、バリエーションを求める人は、近くのカフェに行ってもいいかなぁと思います。

私は十分ですけどね。コーヒー飲み放題なのは嬉しい。

最終日は、空港に向かう時間までスーツケースを預かってくれました。

フロントのスタッフや、廊下などで会うサービススタッフはみんな感じの良い人たちでした。

リンク

★Hotels.com→ペンション ノゼック (Pension Nossek)

★エクスペディア→ペンション ノゼック Pension Nossek

★agoda→ペンション ノゼック (Pension Nossek) agoda

★じゃらん→ペンション ノゼック

次のウィーン滞在の時も泊まりたいホテルです!!

前回利用したアパートの話はこちら→ウィーン滞在中10日間はアパートを利用してみた!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク