「ボタンチョコ」が人気!ウィーンのチョコレート店「LESCHANZ」でおみやげ購入

ウィーンらしいおみやげを求めて、Wiener Schokolade König ヴィーナーショコラーデケーニヒ(ウィーンのチョコレート王)、「LESCHANZ(レシャンツ)」へ行ってきました。

グラーベンのペーター教会右手の道、シュテファン寺院につながる小さな通りに店を構える、チョコレート店です。すべて職人による手作り!

皇室御用達の老舗ボタン屋さんを改装したという店内…ドキドキしながらお店に入ると、ちょうどお客さんは誰もいなくて店員さんとお話ができました。

「家族と友人におみやげを買って帰りたい」というと、いろいろ説明してくれました。

ちょうどクリスマスの時期だったので、箱がクリスマス仕様のものが目玉になってましたが、ウィーンらしいものということで、ウィーンの街が描かれたパッケージのものを一つ購入。

この中に、一口サイズのチョコが6種類1つずつ入ってます。(14.90ユーロ)

あと、コチラおすすめだということで購入。(29.90ユーロ)

これゴージャスで贈り物にいいですよね!ベルベットに王冠もついてます。

こちらは6つが2段になってました。食べ終わったらボタン入れにするのも…ありかも?w

そして、こちらが人気のボタンチョコ!

このサイズは4つ入りで、ちょっとしたお土産、ギフトにぴったりですよね。

ちょこっと渡すのにちょうどいい!(ダジャレじゃないよ)

お値段もお手頃だった記憶。ミルク感がおいしくて好き。(1袋3.90ユーロ)

ところで、私が会計待ちのとき、日本人の女性が入店しまして、自分で商品を選んで私のあとにレジに並んでたんですけど、

そのときまた日本人が入ってきて、今度は男性だったんですが、なんと「日本のTV局のNHKですが、取材をさせてください」とお店の人に交渉し始めました。

まさかの日本人集合で、まさかのNHKの取材。

たしかにウィーンは日本人多かったけど、小さなお店にバラバラに集まるってすごいですよねw(ユリウスにも日本人が何組かいたけど、大きなスーパーだからありえなくはない)

それだけ日本人に人気ということなのでしょうなぁ。ガイドブックにも載ってるからかな?

というわけで、きっとおみやげに喜ばれるはずでございます(^^)

店内の写真もあるので、お店のリンク貼っておきます(ドイツ語&英語)→Leschanz Wiener Schokolade König

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク