宮崎駅から30分!神話の舞台、青島で美しい海を堪能しよう

宮崎へ来たら、青島へいこう!

dpp_20150830000158

宮崎の観光地といえば、神話の舞台「高千穂峡」へ向かう人が多いかと思いますが、反対方面の海側にも神話の言い伝えがあるのです。それは、宮崎駅から電車で30分ほどの青島。

「鬼の洗濯板」と呼ばれる岩に囲まれた島には、縁結びの神社「青島神社」があり神秘的。そして陸側の海水浴場は南国ムードたっぷり。かつては新婚旅行の定番地だっという、不思議な魅力がいっぱいの青島をご紹介します。

今回は観光メインのつもりではなかったので、宮崎駅前に宿をとっていました。宮崎観光は車が断然便利ですが、私のように免許を持っていても車を運転した経験がほとんどない…という人も多いはず。

dpp_20150830000186

そんな人たちでも気軽に行けるのが、青島です。宮崎駅から日南線で約30分で青島駅に到着します。10分ほど海へ向かってあるくと、海水浴場へ。海水浴場の目の前には青島ビーチパークという、軽食スタンドのある憩いの場が。海に入らなくても、南国リゾート気分でのんびりできます。

dpp_20150830000179

dpp_20150830000184

海水浴場からつながる橋を渡って、青島へ。ヤシの木や亜熱帯の植物にくわえ、トゥクトゥクも走っていて、日本であることを忘れそう。

dpp_20150830000162

青島神社

ご祭神は彦火火出見命。神話の「海幸彦山幸彦」の、山幸彦です。奥さんの豊玉姫も祭られていて、縁結びのご利益もあるといわれています。

神話だけ聞くと、海幸彦は別段いじわるしてないのに、海の神様を味方につけた山幸彦に散々に痛めつけられて(仕返しっていう名分だけど)かわいそうだなぁという感想だったのですけども。

山幸彦は神武天皇の祖父だということで、納得しました。時の権力者側に都合のよいように作られた物語なのですなぁ。となると、海幸彦は九州土着の民族の長かしら?

なんていうひねくれた見方をしてますけどもw

dpp_20150830000172

海沿いの神社ってことで、伊勢の二見輿玉神社のような清々しさがあります。この日は16時頃に訪れたのですけど、もっと日の高い時間は雰囲気が違ったかもしれませんね。

境内を出ると、すぐ海。

dpp_20150830000170

参道も海沿いなのです。

dpp_20150830000166

干潮の時間に来られると、島の周囲に鬼の洗濯板と呼ばれる岩が現れます。

私が訪れたときはバッチリ満潮だったので、片鱗すらお目にかかれなかったんですけども、イメージとしてはこんな感じのものです。(写真は日南線でもうちょっと青島から下ったあたりのスポット)

dpp_20150830000007

ボタニックガーデンも

県立青島亜熱帯植物園です。評判も良いようで、時間がなくて寄れなかったのが残念…。青島神社へ渡る橋の手前すぐのところにあります。

dpp_20150830000178

あと…道を歩いていると、この写真の子ではありませんが、猫が植え込みから飛び出してきましたww

dpp_20150830000152

私たちは夕方~日没前までしかいられませんでしたが、海水浴場もあるので半日~1日中のんびり過ごすにもうってつけの場所だと感じました。海に入らなくても、浜辺でぼーっとするのもいいなぁ。海は癒しですな。また行きたい場所トップ5に入りました☆

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク