百名山☆東京から日帰りで赤城山登山

百名山、赤城山へ行ってきたよ

先月8月、群馬の赤城山へ行ってきました。実際には赤城山という名の山があるわけではなくて、周辺一帯の地域を指す地名だそうです。今回は黒檜山からのぼって駒ヶ岳へくだり、下山するルートにしました。

もともと、皇海山をのぼる予定だったのですが、そもそも日帰りできるのか?という疑問もありつつだったところに、前日まで続く大雨や土砂災害が心配だったので、急遽目的地を変更しました。私は一人だったら雨なら中止するし、そもそも車をだしての登山はしないです。山仲間がいるっていいね。

まぁ赤城山も雨に降られたのですけど…難易度や登山時間を考えれば、雨の中登るにはちょうど良かったのかもしれません。皇海山はまた別の機会に、1泊コースでお天気の良い日に。

山登りに関しては、雨だったということで足元や装備などに神経を使っていたこともあり、充実感はありました。ハイドレーション初装備ってことで、そっちにも気をとられていたし。もしかすると、晴れていたら物足りなかったかもです。

8月でしたが、標高があるので(黒檜山:1827m、駒ヶ岳:1685m)20度前後で快適、のぼり運動しているので汗ばむといった感じでした。岩場といってもクライミングのような難所もないので、都内から日帰りで軽く山に登りたいなぁといったときによさそう。百名山だしね。

新宿から登山口まで、車&徒歩で3時間~4時間ほど

赤城山までのアクセスは、都内から車にて。6時に新宿を出て、9時過ぎに到着。車を泊めて準備をして、実際に黒檜山登山道へ到着したのは9時40分頃でした。このときはちょうど雨も降っていませんでしたが、いつ降ってもおかしくないような空。

img_1797

加えて登山道は昨日~当日も降ったり止んだりの雨で足場は悪い状態でした。岩場の急坂を滑らないように慎重に登ります。軍手持ってきておいてよかった。そいえば、今回ストックは終始使わなかったな。

わたくし…運動不足で心肺機能が衰えてるところに、もともと筋肉も筋力もない。遺伝だと思いますけど、年々痩せていくばかりで太れない…。スクワットでどうにか脚力強化してごまかしてますが、根本的な身体づくりをしないと、昨年の常念岳(はじめての北アルプス 常念岳)よりも難易度の高い山へはいけない気がします。まぁ…山に生きる!ってほどでもないので、いいんですけどね。体力はあるので時間をかければ大体なんとかなってしまうのが、不幸か幸いか…。

雨の中、登って下っただけでしたが

んで、登りの途中で雨は本降りになってきました。はじめは木々にさえぎられて誤魔化しがきいてたんですけど、とうとうレインウェアを着ないとだな…という感じに。レインウェアは、はじめて富士山に登るときに購入した安物(ノーブランド)と、乗馬用の雨具兼ウインドブレーカー(ノースフェイス)しかなく、今回はウィンドブレーカー。

しかし、透湿性もないし暑い。雨には警戒していたのですけど、高山でもなかったので着なくても大丈夫でした。むしろ、雨のなか半そでで登るのはなかなか気持ちよかったw 次回までに雨具を新調しよう。

img_1802

11時過ぎ、黒檜山頂上に着いたころには雨が止んでいたので、急いで昼食にしました。初めてバーナーを持参したのでちょっと手間取りましたが、スープやパスタ、コーヒーを作って大満足です。せっかく持ってきたのに雨で使えない!なんてことにならずによかった。眺望は最悪でしたけどww 晴れていれば、富士山が見えるらしいっす。

雨が降り始める前に移動しようということで、出発。駒ヶ岳を目指します。ほとんど下っていく…といった感じですけど(150mくらい標高差がある)、黒檜山登山口からの急坂岩場&雨のインパクトに比べるとあんまり記憶にないです。13時山頂着。

img_1805

こちらも霧しか見えませんでした。あとは下るのみで、登山終了。ちゃんと時間見てなかったけど、14時には駐車場の車のところに戻って片付けしていました。景色は全く楽しめなかったので、「うん、いい汗かいた。運動した」という感想ww

ふもとの湖と赤城神社

下山しているときに晴れてきたのですよ。赤城山のふもとに、大沼(おの)という湖があるのですが、朝とは大違いの美しさ。

img_1812

ためしにポケモンGOを起動してみたら、ジムがありましたww ニョロモもいたよ。水辺だからかな。自宅にもニョロモよくでるけど。

ポケモンはさておき、湖には癒されました。鯉や鴨が泳いでいて、のどかです。

img_1825

金色に光る鯉がいる!ていう看板があったのですが、どうやらこの子らしい。

img_1822

赤城神社は赤城大明神という神様をまつっています。赤城山と湖の神様なんですって。こりゃのぼる前にお参りしたいパターンでしたね。

img_1820

観光客が少ないのは、雨だからなのか、お盆だからなのか、いつものことなのかは不明です。人ゴミも避けられて、涼しくて最高でした。

温泉と食事は、前橋駅付近まで戻ったよ

温泉は、七福の湯へ。広々していて、混雑しすぎていることもなく快適でした。中でも食事はできます。

んで、食事をしたところがどうしても思い出せなくて(^^;) 群馬名物おっきりこみうどんがとってもおいしかったんですけど、お店の場所も名前も忘れてしまった…。みそかつとのセットなどボリューミーなそば・うどんメニューも多かったです。思い出したら書き足します。すみませんm(_ _)m

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク