旅のこぼれ話。「永遠の輝き」とともにアラブへ旅立った日

※2015年9月の記事に加筆修正しております。

2015年の欧州旅の際、フライトの乗り継ぎでドーハに寄った時の出来事です。フードコートを探して空港内を歩いていると、ブーツの中に異物感があって、石のようなゴロゴロした感覚でちょっと歩きづらかったんです。ちょっとサイズが大きめのマーチンを履いてきたので、ジャリくらいは簡単に入りそうな感じ。きっとセキュリティチェックで靴の着脱を行った時に、あわただしくて紛れてしまったのだろう…とブーツをさかさまにしてみたんです。

マーチンはコレね(エアソールのおかげで石畳でも腰膝が痛くならないので重宝します)

文字通りブーツをひっくり返すと…、なんとジャリじゃなくてダイヤがでてきたんですよ。ダイヤモンド。永遠に変わらぬ輝きの、アレです。

a0011_000231

(現物を載せるのは控えたいので、イメージとしてフリー素材をお借りしました)

ハイブランドではないですが、日本メーカーの若い女性に人気のブランドです。ググって調べてみると「彼氏にもらった」とか「自分へのごほうび」とかで購入しそうな、ちょっぴり特別間があるかんじのものです。まさかサプライズで、誰かが私にプレゼントしてくれたってこともなさそうなので…、どこかしらで私の靴の中に入ったのでしょう。

セキュリティチェックのときに入ったかと思ったのですけど、靴もX線チェックに通しているので、ダイヤが入ってたら気づくはずですよね…。靴の中に鉱物が入ってたら、怪しさMAXですもんね。(^^;)

持ち主のかたが紛失届を出してくれてること願いつつも、FBでこのことをつぶやくと「それ私が贈ったんだよ!」とか「それ自分のだから持って帰ってきてくれ」とかみんな好き勝手なことを言ってましたww

さて、私が静電気を帯びているせいでしょうか、金属類を身に着けているかどうかにかかわらず、セキュリティを通るとピーーーーっと鳴ります。今回、必ず鳴ってました。。。とくにパリから飛行機に乗るときなんて、手のひら甲に機械を当てられて物々しい雰囲気でしたね。

あのセキュリティチェックって…、装飾品を外したり、ザックからPCやカメラなどのデバイス系や水分系をまとめたジップロックを取り出したり、なにかとあわただしいですよね。上着と靴も脱がなければならず、ボディチェックされているときなんて、パスポートとかお金が入ったカバンが放置されてたりして、ちょっと怖いです。持ち去られてもおかしくない距離感ですよね。いつも冷や冷やしています。

というわけで、特にオチはなくて申し訳ないんですけど、こんなこともあるんだねーというお話でした。いつの間にかブーツのなかにダイヤが入っていることもあるわけです。

やっぱり海外へ行くと、普段ありえないことが起こって面白いですね。普段ありえないことが起こるかわりに、普段なら当然と思っていることが通らないこともあるのが、海外旅行の醍醐味ですね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク