ウィーン市街地にあるベートーベン記念館 パスクァラティハウス

楽聖ベートーベンといえば、引っ越しの多さで有名らしい。

つまり、「ベートーベンが住んでいた家」はたくさん存在することになるのですが、ウィーンにおけるベートーベン記念館といえば、こちらパスクァラティハウス。

ベートーベンの住んでいた、パスクァラティハウス

写真のとおり見たまんまアパートメントなので、見過ごしやすいです。

お約束通り私は迷って何度もこの周辺をウロウロしまして、ようやくたどり着きました。

入口もこんな感じだし。

DPP_2015082600126

5階まで階段で上がる

写真でもうっすらと見えるかと思いますが…、階段をのぼります。

ひたすら登ります。

薄暗くて、人の気配がないのでちょっと不安になります。

2階から3階にのぼっているあたりで、上から欧米系男性が降りてきたので、「こ、ここはベートーベン先生のお宅ですかっ!?」とやや挙動不審気味に聞いてみると、「そうだよ!4th floorに入口があるよ。ちょっとしんどいけどがんばって!」と教えてくれました。

ウィーンの4th floorとは日本では5階です。

5階まで階段で登ることって滅多にないですよねぇ。

3階までのぼるとすでに乳酸が脚を駆け巡り始めました。

しずかな時間

受付の小さなカウンターで入場料を支払います(4ユーロ)。

フロアにスタッフが1人いて、先客と話をしていました。

「展示物に触らなければ写真撮影OKだよ」と言っていました。

あ、そうそう実際に住んでいたのはこの部屋ではないらしいですよ。

まぁ同じ建物ということで…、きっと雰囲気は同じようなかんじなのでしょうな。

このパスクァラティハウスで交響曲5,6,7番を書いたそうです。

19世紀ウィーン製のピアノや、楽譜、ベートーベンの像などが展示されていました。

楽曲の試聴もできますよ!

私のほかに見学者は1人だけしかいなくて、ゆっくりじっくりマイペースに見学ができました。

人がいなくてちょっと緊張したくらいだよ。

私が来たのは16時か、もうちょっと遅い時間だったかな。

オープン時間は18時までです。

というわけで、なんとも至福のひとときでした。

ツェントラルでお茶をして帰宅

このあとは、カフェツェントラルでお茶。

ツェントラルでは17時からピアノ演奏が聴けるとのことで、それを目当てに行ったら混雑しておりました。

老舗の有名カフェということで、ピアノ演奏うんぬん関係なく混んでるみたいです。

それでも回転率は高くて5分ほど待つと入れました。

ケーキもとてもおいしそうだったけれど、あんまりお腹が空いていなかったのでカフェメランジェだけオーダー。

ピアノ演奏に聴き入りつつ読書をして、日没前にアパートへ帰宅。

DPP_2015082600137

そうそう、日本人には理解がしにくいチップ文化…。

ウィーンのチップは飲食代の10%が目安なのだとか(お店の格式によって変動するかとは思いますが)。

私は大体、チップ上乗せの金額を伝えながらカードを渡していました。

現金のときも、ウィーンのカフェはどこもチップをスマートにもらってくれるのでやりやすかったなぁ。

あ、ちなみに今偶然にもコチラを読んでいます。

ベートーヴェン(Amazon ¥637)

この音楽の巨匠シリーズ、内容はもちろんのこと資料が素晴らしいし(オールカラー)、なんといっても文庫本というお手軽さがとっつきやすいのですよ。

まぁ詳しいことは上手なレビューを読んでいただくと分かりやすいかと思いますw(丸投げ)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク