まずはシュテファン寺院からウィーンを一望

夜にウィーンに到着して、リムジンタクシーを利用して無事アパートへ到着。(くわしくは→オーストリア航空でウィーンへ

その日はアパートの目の前まで送ってもらい、すぐ部屋に入ったので、外の様子をよく見ておりません。

アパートから歩いてウィーン中心部へ

翌日は1週間のパリ滞在の疲れもあって、昼前までゆっくり眠ってから出かけたのですが、アパートを出ると早速道を聞かれました。

私も昨日来たばかりすまんのう、と言い残して最寄りのメトロ駅の場所をチェック。

メトロには乗らずに、歩いてウィーン中心部へ。

アパートからオペラ座までゆっくり歩いて30分くらいの距離でした。

DPP_2015082600002

歩行者信号が、日本と同じタイプで見やすかったです。

ウィーンの人はみんな信号を守ります。パリは信号無視がデフォですww

パリスタイルで信号無視(車がいなければ赤信号でも渡るし、自動車信号が赤になれば即刻渡る)すると、ちょっと悪目立ちします。

パリ人はなんであんなにせかせかしてるんだろうか。

ウィーンの中心、シュテファン寺院

DPP_2015082600009

何はともあれ、まずはウィーンの真ん中、シュテファン寺院へ。

シュテファン寺院の前は、観光客と客引きであふれています。

モーツァルトの衣装を着た客引きに日本語で話しかけられたので、「今度ね~」と日本語で返したら通じました。

ちなみに、2日後くらいにまた通ったとき、「今日は?」と聞かれたので覚えられていた模様。

DPP_2015082600021

さて、シュテファン寺院。

ゴシック様式の荘厳な教会です。

北塔はエレベータ利用で5ユーロ、南塔は階段で4ユーロ。

パリで歩きすぎて、もうムリをしたくない私は北塔へ。

古めかしいエレベータで階上へのぼります。

ヨーロッパの古いエレベータに乗ると、ちょっぴり怖くなります。

狭いしガコンガコンいうし。

なぜかスチームパンクを連想してしまうよ。

ウィーンの街、ウィーンの森も見渡せる

DPP_2015082600025

こちらの記事にも書いたので重複してしまうのですが(ウィーン滞在記(2015.9))、塔の上からはウィーンの街をぐるっと見渡せます。

ウィーンの森も見えるんだよ!風がびゅうびゅうで怖かったけどね。

ウィーンに到着して、なぜシュテファン寺院へ一番はじめに来たかといえば、ウィーンの街を一望して、まさにウィーンに来たのだ!と実感しようという作戦のもとです。

DPP_2015082600030

わたくし、他人にぶつかりそうになると、とっさに日本語で「すみません」って言ってしまうのですが、韓国人の女の子が日本人だと思われたことが心外だったのか、「すみませんって言われたんだけどぉ」みたいなことをお仲間と話してましたねぇ。

実はそういうことが何度かあったのだけど、彼女たちは見るからに韓国人なので間違えないんですけどねぇ…。

一方で私はアフリカ系の人に「韓国人?」って聞かれたことがありました。

極東人以外は日本人も韓国人も違いなんて分からないだろうなぁ。

彼女たちはもしかすると「日本人?」って何度も聞かれてうんざりしていたのかしらね。

屋根のモザイク画はウィーン市の紋章。

この感じ、まさにドラクエだよなぁ。

DPP_2015082600035

マンナーのウエハースがおいしい!おみやげにもオススメ

シュテファン寺院の横には馬車がたくさん停まっています。

DPP_2015082600038

シュテファン寺院と小さな通りをはさんだ向かい側に、マンナーの直営店があります(馬車の向こう側の建物です)。

マンナーのウェハースはオーストリア土産の定番です。

配るお土産としては、モーツァルトクーゲルンよりも好みが分かれなくていいかなぁと思ってます。

そういえば、ウィーン土産の写真を1枚もとってなかったわ…。

DPP_2015082600037

んでちょっとAmazonで検索してみたらウエハースあったよww

何でもあるんだねぇ、Amaoznすごすぎ!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク