ピエールマルコリーニの日本価格に目玉が飛び出たよ

※2015年10月の記事に加筆修正しています。

パリで買える、ピエールマルコリーニのチョコレート

以前、妹夫婦が新婚旅行でパリを訪れているのですが、義弟がそのときに初めて食べたピエールマルコリーニのチョコレートを気に入ったということで、パリ滞在中におつかいを頼まれました。

ピエールマルコリーニといえば、いわずとしれたベルギーの人気チョコレート店。

ちょうど滞在していたオペラ地区にあり、ホテルからお散歩がてら(むしろ散歩にもならない近距離)お店まで行ってきたわけです。

さて、ヨーロッパでは一般的に足をふみいれた客のほうから「こんにちは」と言うのがマナー。

日本でいう「ごめんください」的なもの。

日本も昔は、お店=他人の家という認識があったのだと思うのですが、無機質なチェーン店が増えたことで、そういった感覚が薄れたのかもしれませんね。

人情的に、無言で他人の家に入らないよね?という感覚ですな。

日本人にとって、海外旅行は当たり前の世界になったけれど、無言でお店に入る日本人がまだ少なくないようです。

んで、皆さまご存知のとおり、フランスでは「こんにちは」は「ボンジュール」なのですが、お店へ入ったら日本語で「こんにちは」という声が。

日本人スタッフがいらっしゃって、接客してくれました。

やっぱり日本語はラクだ。

ちなみに、おつかいを頼まれたものは、チョコレート全種類(33個)が1つずつ入っているもので、29.8ユーロです。

私も自分用にいくつかバラで購入しました。

試食もさせてもらえましたよ!

スポンサーリンク



銀座にも店舗はあるが…

ところで、ピエールマルコリーニといえば、東京は銀座にも店舗があるのです。

私も妹夫婦も東京暮らし。

何故そちらに買いに行かないかというと、これが何ともビックリ仰天なほどに高価なのですよ。

たとえば、さきほどのアソート。

29.8ユーロということは、私がパリに行ったとき1ユーロ137円でしたので約4000円ですね。

なのに、こちらのサイトを読むと分かりやすいのですが(→open-alphageek.blogspot.jp

 日本では10000円以上もするという驚愕の事実!その差2倍以上。

そりゃ、ごっさりまとめ買いしちゃうのもうなづけます。

スーツケースが重くても頑張っちゃうよねぇ…。

私はといえば、ブランド品などの高価なものを買わないので、重いお土産を引きずって帰るくらいなら、2割3割増し料金でも日本で買ったほうがいい、という考えなんですけれど、さすがにこのお値段設定には目玉が飛び出ました。

日本のオンラインショップでも、33個のアソートはないものの、同じ系列の商品と値段を見比べると、かなり割高になっている模様。

こりゃ、私は日本では買わないな…。

結論としては、上記のサイトでも言及されているとおり、現地価格で買うならお土産としての対費用効果は抜群に良い!ということですね。

なんといっても、美味しいもんねぇ~。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク