福井の美しい苔寺、白山平泉寺(平泉寺白山神社)

※2014年10月の記事を加筆修正しています。

平泉寺白山神社

平泉寺白山神社は古くは『平家物語』、最近では司馬遼太郎氏の『街道をゆく』にも登場します。

苔寺としても有名で、「美しい日本の歴史的風土100選」に名を連ねる景勝地。

アクセス

私は公共交通機関で旅行していたので、勝山駅より市内観光バス(平泉寺方面)にて約15分。

電車もバスも本数が少なかったので、時間を確認してから行った方が良いです。

勝山駅からは他の路線バスも出ているので、駅前に停車しているバスの行き先も要チェックです!

運賃は、車内で1日乗り放題券(100円)を購入しました。

整理券みたいな券でしたが、帰りはそれを見せればOKでした。

乗り放題券なので、途中下車しても大丈夫です!

癒しの森です

さて、境内に入り、ゆるやかな石段をのぼってゆきます!

IMG_1585

鬱蒼と茂る木々のあいだの参道を進むと心癒されます。

IMG_1594

もともと、717年に泰澄大師によって開かれた白山信仰(山岳信仰・修験)の寺院で、かつては「白山平泉寺」と呼ばれていました。

明治時代に入ると、王政復古にともなう政祭一致のため「神仏分離令」がくだされ、寺号を捨てなければなり、「平泉寺白山神社」として名を改めて現在にいたります。

御祭神は伊邪那美命

IMG_1589

吸い込まれるように参道の横へ入ると、平泉寺の名のいわれとなった神泉、御手洗池がありました。

その向かいには泰澄大師手植えの御神木があります。

IMG_1588

境内は修験場があったとは思えないほど、穏やかな空気感に満たされています。

IMG_1591

知的好奇心をくすぐる、南谷発掘地の見学

境内の横から、「順路」をたどって南谷発掘地へ降りることができます。

中世、全盛期をむかえた平泉寺ですが1574年の一向一揆により全焼しました。

その跡地の発掘が平成元年よりすすめられいます。

南谷発掘地では復元された石畳、石垣、僧房跡を見学することができます。

IMG_1613

「中世の古代都市」と呼ばれる同寺は最盛期は48の社、36の堂、6000の僧房が存在し、僧兵は8000人を擁していたと言われておりますが、なんといまだ遺跡の全体1%分しか発掘が進んでいないそうです。

「中世最大の宗教都市」の完全復活が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする




スポンサーリンク