東京から福井までの移動手段比較【新幹線3パターン・飛行機・高速バス・鈍行】

※2014/10/2の元記事に編集加筆しています。

 

東京から福井へ行く方法まとめ

福井といえば、北陸新幹線が開通して、より注目を集めていますね。

2014年9月の福井旅行では、主要観光スポットの東尋坊や永平寺へは足を運ばず、霊験あらたかな平泉寺白山神社、清水のまち越前大野、人里離れた宝慶寺を訪れました。

 

まずは、オーソドックスな新幹線ルートからご紹介しましょう!

 

新幹線ルート

新幹線ルートとは言っても、福井へは新幹線と特急列車を乗り継いでの旅になるわけですが、3つのルートが存在します。

あくまでも、私の独断と偏見による見解なので、あしからず。

東海道ルートが2パターンと北陸新幹線ルートです。

新幹線については、えきねっと(ネット予約)にてviewカードで購入であれば1割引になるそう。

要チェックです!

 

私見では、東海道ルートが時間、乗り継ぎ、値段すべてを鑑みて最適だと思います。

(すべて指定席料金で統一しています)

 

東海道ルート(米原経由)

東京→米原までを新幹線。(2時間20分)

米原からは、特急しらさぎにて目的地へ。(福井駅まで約1時間)

(片道:14,260円 往復:28,520円  合計時間:約3時間半)

東海道ルート(京都経由)

東京→京都までを新幹線。(のぞみで2時間20分)

京都からは、特急サンダーバードにて目的地へ。(福井駅まで約1時間半)

(片道:15,610円 往復:31,220円 合計時間:約4時間)

 

ちなみに、若狭方面へ行く場合は敦賀で下車、芦原温泉方面へは福井駅で降りずにサンダーバードで向かいます。

 

北陸新幹線ルート

東京~金沢を新幹線にて(片道14,120円×2=28,240円、2時間28分)

金沢~福井を特急にて(片道2,820円×2=5,640円、48分)

合計33,880円、約3時間30分

 

米原経由とほとんど変わらず、北陸新幹線のほうが若干お高いという結果。

以下、新幹線以外の交通機関を利用した場合の所要時間および費用です。

 

 

飛行機(小松空港経由)

羽田空港→小松空港(1時間 片道24,600円)

小松空港からバスで小松駅(12分 270円)→JR北陸本線(特急)にて福井内の目的地へ。(福井駅まで30分 1590円)

もしくは、空港から直接、福井駅へのバスも出ています。(1時間 1,250円)

合計50,700~52,920円(往復)、片道約2時間。

こちら、早割でどのくらい割引になるかは考慮していません。

 

※利用する曜日をずらしたり早割などをうまく使うと、ANAやJALでも片道7000円台あたりまで下がるようなので、航空券販売サイトなどで確認してみてください!

飛行機の場合は、じっくり格安チケットを探すと良いかと思います。

→ 国内格安航空券予約サイト スカイチケット

 

高速バス

リーズナブルな旅の代名詞、高速バス。

時間がかかってもいいから安く済ませたい!という方はこちら。

東京からですと、9時間前後かかるみたいです。

バス会社や時期によって値段はまちまちです。10月最安値が3200円のところもありました。京福バスだと、福井駅まで7,800~9,200円。

 

もっと探せば安いのが出てくるかもしれないけど、私は快適さも重視したいなぁ。

楽天トラベルで検索してみたら、WILLER EXPRESSでは6000〜8300円くらいのがありました。(新宿南口〜福井駅、2019年8月)

 

青春18きっぷ(JR)

さいごに、現実的ではありませんが…若気の至りでこんな旅をしてみるのもいいかも。

青春18きっぷは時期指定、5枚つづりで11,850円。単純計算で1枚2,370円。

オークションや金券ショップなどで1枚ずつ買うこともできます。

片道JRの鈍行で行ける範囲ならどこまででも2,370円でOKなのです。(往復:4,740円)

 

ちなみに、特急料金のかかる列車は、乗車券と特急券をセットで買わなければいけないので、乗ることができません。

特急料金のかからない快速列車などはOK。

途中下車したり、他の私鉄などに乗り換えたところできっぷの効力は切れます。

詳しくは、こういったサイトで調べてみてください。青春18きっぷを使いこなす – Wikitravel

 

 

一度、私も学生のときに東京から新白河(福島)まで青春18きっぷを利用したことがありますが、この距離でも鈍行だと乗り換えが多くて大変でしたので、福井までとなると相当な気力と体力を要するはずです。

知人に東京から山口まで鈍行で移動したという強者がおりますが…w

 

参考までに経路の一例を書いておきます。

例:東京4:55(始発)→品川→小田原→熱海→浜松→大垣→米原→近江塩津→敦賀→福井15:29 約10時間半

必ずしも始発で出発する必要はありませんが、到着が15時過ぎなので実質1日がかりですね。(節約にはならないけど、どこかで一泊するという旅にするのも楽しいかもしれないですね)

 

安さ重視ということであれば…

ただ、気になるのが、鈍行列車は高速バスと時間差が3時間なんですよね。

高速バスは10月の最安値が3,200円なので、差額は830円~ということになりますよね。

安さ重視ということであれば、高速バスに乗ったほうが直行ということもあり快適かもしれません。

 

 

宿泊も含めたパックツアーで行く

あとは、ホテルの料金込みのパックツアーなどを利用した方が安くなる場合もあるかと思います。それらは比較検討してみてくださいね。

ちょっと検索してみたら、福井の平泉寺白山神社へおひとり様OKの宿泊プランもありました。(移動、宿泊で59900円〜。全部連れていってくれるかららくちん)自分で計画するのが面倒だったり、ツアー開催日が合うならいいかもしれない。

 

ちなみに、私は往路は①米原経由、復路は②京都経由で京都観光も含めた旅程で行ってまいりました。

 

福井の旅行記はコチラもどうぞ

福井の美しい苔寺、白山平泉寺(平泉寺白山神社)

福井の山寺、禅の第二道場「宝慶寺」

ガイドブックに載っていない!?「越前大仏」

福井、越前大野城と城下町